このページの本文へ移動

モバイル社会研究所

メニュー

通信業界の直接の利害を離れ、自由独立の立場から、モバイルICTがもたらす光と影の両面を解明し、その成果を社会に還元することを目的とする、NTTドコモの社会科学系の研究所です。

【子ども】
小中学生のタブレット・パソコン利用率約9割 わずか1年で約3倍に
(2022年5月11日)

調査・研究~モバイル社会研究所で実施している調査・研究テーマのご紹介~

ポイント

  • 学校から貸与されたタブレット・パソコンの利用半数を超える
  • 学校から貸与されたタブレット・パソコン 約半数が2021年1学期
  • 家庭が所有するタブレット・パソコンの利用も6割を超える

調査結果

2021年11月に実施した親と子に関する調査の中から、小中学生のタブレット・パソコンの利用状況についてお伝えします。

1. 学校から貸与されたタブレット・パソコンの利用半数を超える(前年比10倍以上)

GIGAスクール構想、コロナ禍におけるオンライン授業により、学校から貸与されるタブレット及びパソコンはこの1年で大幅に伸びました。2020年ではどの学年も10%未満だったのが、2021年には半数を超える貸与による利用となりました(図1)。貸与が開始された時期は図2の通り、2021年の1学期が多かったようです。

図1. 【小中学生】学校から貸与されたタブレット・パソコン利用率


図2. 【小中学生】学校から貸与されたタブレット・パソコンの時期

※学校から貸与されたタブレット・パソコンの利用があると答えた人限定

2.家庭で所有するタブレット・パソコンの利用も大幅増

学校から貸与されたタブレット・パソコンの利用が増えたことに連動し、家庭で所有するタブレットとパソコンの利用も大幅に伸びました(図3)。

図3. 【小中学生】家庭で所有するタブレット・パソコン利用率

3.小中学生のタブレット・パソコン利用はわずか1年で約3倍

最後に学校から貸与、家庭での所有を問わず、小中学生のタブレット・パソコンの利用を見てみます。どちらかを利用しているは、どの学年も9割程度まで伸びました。1年で3倍程度増えた状況です。 (図4)。

図4. 【小中学生】タブレット・パソコン利用率

多くの小中学生が利用するようになったタブレット・パソコンによって、どのようにスキルが向上したか、またオンライン学習がどこまで利用されているか、今後分析し公表していきます。

調査概要 ―「2021年親と子の調査」―

調査方法 訪問留置調査
調査対象 関東1都6県・小学生及び中学生とその親
有効回答数 500
サンプリング QUOTA SAMPLING、性別・年齢(5歳刻み)・都道府県の人口分布に比例して割付。
調査時期 2021年11月

問い合わせ先

本レポートのお問い合わせについては、「お問い合わせページ」でご確認ください。


モバイル社会研究所では、「スマホ・ケータイ」の所有状況を経年で独自に調査した結果を『ケータイ社会白書』として下記のURLで公開しています。ぜひご活用下さい。
https://www.moba-ken.jp/whitepaper/index.html

page top