このページの本文へ移動

モバイル社会研究所

メニュー

通信業界の直接の利害を離れ、自由独立の立場から、モバイルICTがもたらす光と影の両面を解明し、その成果を社会に還元することを目的とする、NTTドコモの社会科学系の研究所です。

【シニア】
シニアのフィーチャーフォン利用者でもスマホに強い関心を示す層が存在(2017年3月20日)

調査・研究~モバイル社会研究所で実施している調査・研究テーマのご紹介~

シニアの約3割がスマホを所有している状況の中で、スマホに対して一体どのようなイメージを持っているのか。今回、モバイル社会研究所では、シニアに対しスマホを持っている・持っていない両方の人に、ほぼ同じ質問でスマホに対するイメージ調査を行った。その結果、興味深い状況が浮き彫りとなった。スマホを持っている人の中には「積極派」から「消極派」まで存在した。一方、スマホを持っていない人でも、スマホに強い関心を示す層が存在することは判明した。

スマホへのイメージ結果に基づくグループ分け

スマホへのイメージ結果に基づくグループ分けのグラフ

モバイル社会研究所では、「スマホ・ケータイ」の所有状況を経年で独自に調査した結果を『ケータイ社会白書』として下記のURLで公開しています。ぜひご活用下さい。
http://www.moba-ken.jp/whitepaper/index.html

page top