このページの本文へ移動

モバイル社会研究所

メニュー

通信業界の直接の利害を離れ、自由独立の立場から、モバイルICTがもたらす光と影の両面を解明し、その成果を社会に還元することを目的とする、NTTドコモの社会科学系の研究所です。

防災・減災に向けたICT利活用の検討No.7

調査・研究~モバイル社会研究所で実施している調査・研究テーマのご紹介~

ハザードマップを所持している人は3割に届かず
~20代で防災意識が高い人の、4人に1人はスマホでハザードマップを所持~

ハザードマップに関する調査。調査の結果は、以下の通り。

  • ハザードマップを認知している人は6割強。その内、4割弱が所持
  • ハザードマップを所持している人と防災意識は強く関係
  • 20代で防災意識が高い人の4人に1人はスマホにハザードマップを所持

「ハザードマップ」を知っている人と「防災意識」「居住エリア」は強い関係があった。また、少数ではあるがスマホにハザードマップをダウンロードしている人の特性を調べると、20代で防災意識が高い人であった。
「ハザードマップ」を知っている人の詳しい特性等をレポート(PDF)で紹介する。

図1.ハザードマップの認知率と防災意識(エリア別)

図1.ハザードマップの認知率と防災意識(エリア別)



図2.防災意識とスマホにハザードマップをダウンロードしている人の割合

図2.防災意識とスマホにハザードマップをダウンロードしている人の割合



page top