このページの本文へ移動

モバイル社会研究所

メニュー

通信業界の直接の利害を離れ、自由独立の立場から、モバイルICTがもたらす光と影の両面を解明し、その成果を社会に還元することを目的とする、NTTドコモの社会科学系の研究所です。

防災・減災に向けたICT利活用の検討No.2

調査・研究~モバイル社会研究所で実施している調査・研究テーマのご紹介~

家族で災害時の安否確認の手段を決めている人は半数に止まる
~東日本大震災から7年、この機会に家族と話し合いませんか~

家族と災害時に連絡方法を決めているか、その手段を含め、調査した。

調査の結果は、以下の通り

  • 家族で連絡方法を決めている人は、約半数に止まる
  • その中で複数手段を考えている人も、約半数
  • 手段は「ケータイ・スマホ」で通話、メールが上位を占める

レポート(PDF)では、①災害時の家族との連絡手段(エリア別)②手段(年代別)をデータで解説。

災害時に同居家族と連絡方法をとる手段、年代別

災害時に同居家族と連絡方法をとる手段、年代別のグラフ

page top