このページの本文へ移動

モバイル社会研究所

メニュー

通信業界の直接の利害を離れ、自由独立の立場から、モバイルICTがもたらす光と影の両面を解明し、その成果を社会に還元することを目的とする、NTTドコモの社会科学系の研究所です。

防災・減災に向けたICT利活用の検討No.5

調査・研究~モバイル社会研究所で実施している調査・研究テーマのご紹介~

緊急地震速報受信時、6割がその後の行動に不安
~男性・シニア・東日本は受信時の適切な行動への自信が高い傾向~

緊急地震速報に関する調査。調査の結果は、以下の通り。

  • 緊急地震速報を知っている人は9割超、受信経験有も8割を超える
  • 緊急地震速報を受信した際、適切な行動に自信がない人は約6割
  • 男性、高齢層は受信時の適切な行動に自信ある人の割合が高い

多くの方が緊急地震速報を知っていて、受信経験もある。ただ、受信時にどのような行動をとればいいか、自信がない人は6割となった。特に女性や若年層は低い傾向が見られた。また、地域によっても差異が見られる。緊急地震速報を受信した際には、『まず身の安全を確保する』次の災害に備え、もう一度確認して欲しい。詳細はレポート(PDF)で紹介。

図1.緊急地震速報受信時の適切な行動への自信

図1.緊急地震速報受信時の適切な行動への自信



図2.緊急地震速報受信時の適切な行動への自信がある(性・年代別)

図2.緊急地震速報受信時の適切な行動への自信がある(性・年代別)



図3.緊急地震速報受信時の適切な行動への自信(防災意識・エリア別)
※防災意識・・災害への備え、避難所の認知、避難訓練への参加を得点化

図2.緊急地震速報受信時の適切な行動への自信がある(性・年代別)

page top